ドラマ

青天を衝けはつまらない?面白くない?【評判・感想まとめ】

2021年2月14日にスタートした大河ドラマ『青天を衝け』が、初回視聴率20.0%と高視聴率で始まりました!

しかしその一方で、青天を衝けはつまらない、面白くない、といった声も聞かれます。

 

この記事では、青天を衝けの評判や感想と、つまらない・面白くないといわれている理由について調査してみました。

【青天を衝けの感想】つまらない?面白くない?

大河ドラマ『青天を衝け』はつまらない?面白くない?

Twitter上の感想を集めてみました。

つまらない・面白くないといった声

Twitter上で聞かれた視聴者の『つまらない・面白くない』といった感想を集めてみました。

まとめると、

子役時代の話がつまらない

幕末という時代設定がつまらない

の2点があげられています。

 

一方で、青天を衝けが面白かったという意見も多かったです。

面白かったという声

 

面白かったという声の中には、今後の大河ドラマに対する期待の声も多かったです! 

 

スポンサーリンク
 

 

青天を衝けがつまらない理由を考えてみた

青天を衝けがつまらない・面白くないといわれている理由を考えてみました。

  1. 幕末から明治の時代設定
  2. 今まで大河ドラマで取り上げられたことのない渋沢栄一という人物
  3. 子役時代のストーリーはどうしてもつまらなくなる

 

幕末から明治の時代設定

大河ドラマの花形の時代といえば、戦国時代。

織田信長、徳川家康、豊臣秀吉など、有名な戦国武将を題材にした大河ドラマは軒並み高視聴率でした。

前作の大河ドラマ『麒麟がくる』も戦国時代をテーマにしており、どうしても前作と比較するとインパクトに欠けるという点があるのかもしれません。

しかし、幕末から明治にかけての近代化の発展には私たちの知らない多くのドラマが隠されています。

青天を衝けを通して、日本の近代産業の発展を学ぶことができる。

これから面白くなる展開を含んでいる、そんな今作の大河ドラマに期待したいところです。

 

渋沢栄一という人物

渋沢栄一と聞いて「何をした人?」と疑問に思う方も多いと思います。

名前は聞いたことあるけど・・・

と、よほど歴史好きの方でない限り、何をした人なのかがぱっとイメージできないという点も、つまらないと思ってしまう理由かもしれません。

渋沢栄一は日本経済を大きく発展させた『経済の父』といわれる人物です。

農家に生まれながら、徳川慶喜に仕え、幕府の家臣に上り詰めました。

そして、日本で初めて銀行を設立しました。

また、多くの会社の設立にも関わっています。

海外視察や、様々な人とのかかわりを経て、渋沢栄一が行ったことは、まさに日本を経済大国に成長させたのです!

今後青天を衝けを通して、渋沢栄一の怒涛の人生や輝かしい功績、挫折や苦労も描かれていくことでしょう。

日本の成り立ちをも知ることができる、そんな期待感に満ちています。

 

子役時代のストーリーはどうしてもつまらなくなる

大河ドラマでは、その人物の一生を描くので、子役時代のストーリーも外せません。

つかみとなる第一話で子役時代の話がきてしまうと、どうしてもつまらないという印象になってしまいます。

これから見ようかなと思っていた視聴者がつまらない・面白くないと思い離脱してしまうことはよくあることなのではないでしょうか。

しかし、子役時代のお話も後々にかかわってくる重要な部分であることは間違いありません。

その人の一生を左右するような出会いも描かれていることがありますよね。

今後の展開を見ていく上では、やはり最初から通してみることでより一層面白さが増すのではないでしょうか。

 

魅力的な子役たちも揃っています!

青天を衝け子役の女の子は誰?渋沢なかの幼少期役小田菜乃葉について2021年大河ドラマ『青天を衝け』が高視聴率でスタートしました。 子役の女の子が一体誰なのか気になっている方も多いと思います! ...

まとめ

青天を衝けはつまらなくて面白くない大河ドラマなのか、考察をまとめてみました。

中にはつまらない・面白くないといった意見もありましたが、大多数が今後の展開を期待する声でした!

まだまだ始まったばかりの大河ドラマ『青天を衝け』。

高視聴率スタートなだけあって、放送前から期待している方たちも多くいたことでしょう。

これからより面白さを増していくに違いありませんね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
えり
えり
主婦が日々気になったことをゆる~く発信していきます! トレンド、エンタメ、子育て関係、美味しいもの、お出かけスポットなどなど♪
こちらの記事もおすすめ!